fumi narasaki

お肌をきれいに明るく見せる
金平糖のような8色
カラフルガーデン柄のストール

「fumi narasaki(フミ ナラサキ)」の肌ざわりやわらかなコットンのストールです。

「肌ざわり」にこだわる fumi narasaki のコットンのストールにとって、薄くて透明感があるこのオーガニックコットン生地は理想の素材。「アルティメイト ピマ」と呼ばれる世界最高/最長の超長綿で織られたふっくらとやわらかい生地です。アルティメイト ピマは日本のオーガニックコットンの草分け 大正紡績株式会社とアメリカのオーガニックコットン生産の元祖ファームが作り上げたもので最上級のやわらかさと肌ざわりを誇ります。

普通のコットンに比べて約半分の細さの、早く織ると切れてしまうほど繊細な糸を、昔からたいせつに使われている古い織り機で、1日に10枚も織れないほど丁寧にゆっくりと織りあげます。そうしてつくられた生地はやわらかく、格別な肌ざわり。

カラフルガーデン柄は、ガーデンプランツ柄の押し花のデザインを小さくして8枚、金平糖のような透明感ある美しい8つの色をのせて並べています。巻き方、折り方で、出る色をさまざまに楽しみながら、一年を通して使えるストールです。

価格(税込):30,240

残り 2点

早く織ると切れてしまうほど、とても細くデリケートな糸を
古い織り機を使ってゆっくりやわらかく織りあげます。

よく見ると、「ガーデンプランツ柄」の縮小版が8つ。
それぞれに色がのって、新たな魅力が生まれました。

色をのせるのが難しい繊細な生地。シルクスクリーンで行う技術を施してから色をのせます。
工場に行ってその場で何度も調節しながら、一枚のストールができあがります。

ゆっくり織りあげられた生地はたっぷり空気を含み、夏は涼しく、冬はあたたか。
一年を通して使えます。

テキスタイルに長くたずさわるデザイナーが、
肌をきれいに見せる色、肌に合わせてきれいな色を選んでつくりました

カラフルガーデン柄の
ストール

価格(税込):30,240

残り 2点

草花を美しくコラージュしたガーデンプランツ柄のストールは、友人のお母さまが庭の植物を摘んでつくった押し花があまりにきれいなので、写真に撮ったのがはじまり。きれいだな、おもしろいなと思うものをさわって、イメージをふくらませて1つつくると、また次の新しいアイディアが浮かぶ。まさにそんなふうにできあがったのがカラフルガーデン柄のストールです。

ガーデンプランツ柄に、ブルー、薄いグリーン、明るいミモザのような黄色、オレンジ、ピンク、パープルなど、透明感のあるやさしい8色をのせて8枚並べたやわらかな春らしい彩りがあふれるストール。顔を明るくきれいに見せる色をまとって、いち早く春の気分に。その日のお洋服や気分に合わせて、表に出す色を選んだり、広め幅を折って色をかさねて濃いめの色合いにしてみたり、さまざまなアレンジ、楽しみ方ができるストールです。

【サイズ】
幅約110cm × 長さ約200cm
【素材】
コットン 100%
【生産】
日本

<お取り扱い、お手入れについて>
  • おしゃれ着洗い洗剤を使って手洗い、または洗濯機の手洗いコース後、ごく軽く脱水して、シワを伸ばして干します。
    アイロンをかける場合は中低温で短時間にしてください。
  • 洗濯タグを必ずご確認の上、お洗濯をおねがいします。
  • 風合いを重視しているため、とても繊細な生地でできています。
    引っ掛けには十分ご注意ください。アクセサリーのひっかけには特にご注意ください。
    もし糸が出てしまったら、そっと糸をひきながらまわりの生地になじませます。
    毛玉ができたら、地を切らないようにカットします。

こちらのスカーフもおすすめです

カラフルガーデン柄のストール

ガーデンプランツ柄の
ストール

価格(税込):30,240

SOLD OUT

【サイズ】
幅約110cm × 長さ約200cm
【素材】
コットン 100%

押し花をひとつずつ撮影してコラージュしたストール。繊細に織られたやわらかく透け感のあるコットン生地にのった植物は、光を得て生き生きとしています。自然のままの色、かたち。春に大きく成長する植物の美しい力に満ち、よい香りがしそうなストールです。

ストーン柄のストール

ストーン柄のストール

価格(税込):32,400

残り 4点

【サイズ】
幅約110cm × 長さ約200cm
【素材】
シルク70% ウール30%

真夏以外3シーズン使用できる、肌ざわりのよいやわらかなシルクウールのストール。ふんわりと巻きやすく、貴石の持つ透明感が表現された柄と色は肌なじみがよく、貴石を肌にのせたときの華やぐ雰囲気がコーディネート全体にパッと広がります。


Brand Story
fumi narasakiフミ ナラサキ

テキスタイルデザイナー 楢崎ふみさんによるストールのブランドです。

fumi narasaki のストールに初めて出会ったとき、
その肌ざわりと、きれいな色づかいにときめきました。
デザイナーの楢崎さんがいちばん大切にしていることは「肌ざわり」。

シルクウール、シルクカシミヤ、ウール、オーガニックコットン、シルク麻、
麻(リネン、ラミー)といった天然繊維をていねいに織りあげた生地で
「肌ざわりを大事に」ストールをつくっています。

子どものころからイギリスのファッションや音楽が大好きだった楢崎さんは、
イギリスの名門アートスクール、セント・マーチンズ・カレッジに留学して、
テキスタイルを専攻しました。

当初、ロンドンでファッションを学びたいと考えていたそうですが、
テキスタイルのスタジオを訪ねたときに、ここだ!と思って専攻を決めたそうです。

帰国後、仕事を探そうと思い始めたころに、
以前より大好きだったイッセイミヤケの求人を「偶然」みつけて応募。
企画とテキスタイルを担当しました。

その後、テキスタイルのデザイナーとしてフリーの活動をスタート。
ストールをつくりたいと思ったときに、
現在もおつきあいがつづく山梨の機織り工場と出会います。

「マイペース」とおっしゃる楢崎さんの静かなお話しをお聞きしていて、
いつもいちばんよいタイミングに、自分の理想のものが目の前にあらわれる
というすばらしい偶然がかさなって、
今の fumi narasaki というブランドがつくられているのだと驚きました。

『何か呼び寄せる力』。そんなことを思わせるブランドです。

ロンドンのセント・マーチンズ・カレッジでは、織り、編み、染めといった
テキスタイル全般を学び、その後、織りを専攻して糸を染めるところから取り組み、
イッセイミヤケでは企画チームに所属してテキスタイルを担当。
会社を辞めたあとフリーになるまでの間は、機織り、刺繍、プリントなどの
たくさんのテキスタイルの工場を訪ねました。
新しい機械が入ると1週間泊まり込みでさまざまなものを試作させていただいたり
しながら、テキスタイルへの造詣をさらに深めます。

形を作ったりするよりも素材が好き。布を作ることが好き。
昔からカラフルなもの、透明なものが好き。
完成されているものよりラフな感じが好き。
たくさんの「好き」をかさね、自らを「不器用」と表現される楢崎さんが
丁寧に丁寧にこだわってすこしずつつくるストールは、
一度お使いいただくと、その肌ざわりと、きれいな色づかいのすっかりとりこになる 魅力があふれています。


デザイナー 楢崎 ふみ

岡山県出身。
2001年 Central Saint Martins College of Art & Design 卒業
2004年 株式会社三宅デザイン事務所入社
    A-POC、イッセイミヤケ企画テキスタイル担当
2009年 フリーランス活動開始
2013年 ストールブランド fumi narasaki をスタート

http://www.fuminarasaki.com/