clap, clap, claps

Frohe Weihnachten!
永遠の幸せを呼び寄せる。
クリスマスのリース

受付終了しました

オーダー期間 11月16日(金)〜12月5日(水)
発送 12月7日(金)〜12月12日(水)
作りたてのリースを順次お手元にお届け

自ら畑を耕して植物を育て、愛で、束ねて、
作品をつくり出す藤原正昭さんによる clap, clap, claps の
クリスマスリースです。

始まりも終わりもない永遠の象徴とされ、平和や幸福の
シンボルとされているwreath(リース)。
時計まわりは「永遠に時を刻む」という意味があると言われています。

今回ご紹介するのは、生の葉っぱの香り、色の変化が楽しめる「フレッシュグリーン」。一昨年、一番人気だったリースの再登場です。

お客さまのことをイメージしながら、
30DESIGNSの想いを汲んでいただきながら、
clap, clap, clapsさんが丁寧につくり上げてくださるこのリース。

幸せの輪がたくさんかさなって形づくられていますので、
暖かな思いで過ごしたいクリスマスにぴったりな幸せを
呼び寄せるリースです。

植物に込める思いを、藤原さんの言葉そのままブランドストーリーに掲載しています。
ぜひあわせてご覧ください。


フレッシュグリーン

フレッシュグリーン

価格(税込・送料込):13,284

※ご注文は「クレジットカード決済」のみとなります。
受付終了

【サイズ】
直径 約30cm , 高さ 約8cm
【素材】
ベース:藁
葉:ヒムロスギ(細かい葉のグリーン)、クジャクヒバ(黄色が入ったグリーン)ブルーアイス(銀白色)オレンジ、フウ(トゲトゲしている丸)、クルミ、松かさ(小)、ヘーゼルナッツ、ペッパーベリー(ピンク粒)、シナモン、クチナシ(朱色)、スターアニス(星形)

※仕入れ状況に応じて、素材に変更が生じる場合、または受付を早期終了する場合がございます。


香りのよいフレッシュなグリーンの葉っぱをたっぷり使い、しっかりとした厚みがあります。
さわるとふんわりやわらかく、とてもよい香りがします。

フレッシュなグリーンの葉っぱのあちこちに表情ゆたかな実ものがひそんでいます。
どの面から見ても美しいリース。

フレッシュなグリーンの葉っぱの経年変化も楽しんで。
30DESIGNSのスタッフたちも持っているリース。
もう3年間もそのまま楽しんでいる人もいます。

フレッシュグリーン

フレッシュグリーン

価格(税込・送料込):13,284

※ご注文は「クレジットカード決済」のみとなります。
受付終了

森の中を感じさせる「フレッシュグリーン」のリース。
日々の生活に植物を感じ、心にゆとりとゆたかさを。
常緑樹、コニファー類は、寒い冬の間も変わらず緑色の姿を
見せることから、「希望」を表すとも言われています。

ドイツのフローラルテクニックを使い、針葉樹の葉を一本一本ワイヤーで巻きつけて固定しています。
葉の表、裏。曲がったり、枝が分かれたり。いろいろな表情を
見せてくれます。
箱を開けたら新鮮なグリーンの香りが広がります。
手にとってみればやさしい感触。
装飾にはオレンジ、シナモン、くるみ、ペッパーベリー等があしらわれています。

【サイズ】
直径 約30cm、高さ 約8cm
【素材】
ベース:藁
葉:ヒムロスギ(細かい葉のグリーン)、クジャクヒバ(黄色が入ったグリーン)ブルーアイス(銀白色)オレンジ、フウ(トゲトゲしている丸)、クルミ、松かさ(小)、ヘーゼルナッツ、ペッパーベリー(ピンク粒)、シナモン、クチナシ(朱色)、スターアニス(星形)
【テクニック】
ワイヤー
【生産】
日本
【オーダー期間】
11月16日(金)〜12月5日(水)
【発送】
12月7日(金)〜12月12日(水)
作りたてのリースを順次お手元にお届け

※仕入れ状況に応じて、素材に変更が生じる場合、または受付を早期終了する場合がございます。


※時間経過による変化について
管理、置く場所で変わりますが(気候、室内、霧吹きなどで差が出ます)、一ヶ月あまり生の状態が続きます。
ドライの状態になっても楽しめます(触わるとぽろぽろします。スプレー糊で多少保護できます)。
ドライになると、色目は薄いグリーンになります。
飾る場所が乾燥した場所、暖房などが直接あたると綺麗にドライになります。
湿気があると薄いグリーンではなく、茶色になってしまいますが、生の葉っぱの香りが楽しめることがとても魅力なリースです。


Brand Story
clap,clap,clapsクラップ クラップ クラップス

「春には花咲く喜びを、冬には自然の持つ力を」

clap, clap, claps の藤原さんの 植物への思い、
つくったものを手にしてくださるお客さまへの思い。
温かくていねいなお気持ちに 30DESIGNS はとても共感しています。
みなさまにご紹介して、お届けできることを心からうれしく思っています。

育てていらっしゃる植物、おつくりになるものに込められた、
純粋で美しい思いをそのままお伝えしたく、
藤原さんの言葉をそのままこのページでご紹介いたします。

<コンセプト>

日本には美しい四季がある。
 春)誕生、明るさ….
 夏)活発、伸び伸びと…
 秋)美しい色合い、可愛さ…
 冬)本来の動き、力強さ…
季節によって植物は様々な顔を見せてくれる。
花を咲かせたり、新芽、種、紅葉など。

そんな植物を見ていると様々なことに気がつく。
動き、色、形、キャラクター、主張、表面構造、リズム、香り…。
何気ないものでも、喜びや、感動、美しさを感じ取ることができる。
その感じ取ったものを造形(束ねる)する。
自ら畑を耕し、露地、無農薬で植物を育てています(切花)。
植物の本来の姿などを活かす為に、
一本一本ていねいに摘み、水揚げして、手の中で造形(束ねる)します。

◆ 何故に花束?

自然は自然のまま、ありのままの形、色のもので表現したい。
出来る限り、手のひらの中で、花束で。
「手の中から産み出す」ということです。

「花束って手の中で、花を束ねていくじゃないですか。
それって、手の中から作品が産まれるってことだと思うんですよ。
これって、凄くないですか?」

◆ clap, clap, claps を立ち上げた理由

ドイツで、「自然を共に生活する」ということを強く感じました。
自分がこのまま植物と接していくにあたり、どうすれば良いのか。

市場では曲がった切り花には値段がつきません。 しかし、本来植物は、生き抜く為に太陽、光に向かって、いろいろな動きをします。 そんな自然の動きをした植物を扱いたいと思ったのですが、そんな生産者はいません。 「自分でやるしかない」と思い、始めました。
100坪の畑に100種類ほどの植物が、季節ごとに違った表情を見せてくれます。

◆ clap, clap, claps の名前の由来

“何々花屋”、“フラワーショップ何々” などはいやだなっと思い。
もともと音楽が好きでした。
当時、Clap Your Hands Say Yeah、M83、Yeah Yeah Yeahs、Corneliusなど、
変わった名前のバンドがありました。
バンドみたいな名前がいいな、バンドみたいに仲間が増えればいいなー。
そんな思いで、いつの日か拍手喝采を受けたいと思い「clap, clap, claps」と名前をつけました。

◆ お仕事の内容

主な仕事内容は花束の製作、販売。
店舗の装飾。
ワークショップ(切り花のアレンジ、花束。寄せ植え)
簡単に言いますと、葬儀以外の仕事はやっております。

<藤原正昭さんプロフィール>

東京農業大学 国際情報学部 国際開発学科卒業後、
株式会社フラワーオークションジャパン(大田市場内にある花市場)勤務を経て、
ドイツへ留学、花店ブルーメンエルスドルファー勤務。
イタリア、フランス、オランダ、ノルウェーで研修。
帰国後、長崎県諫早市の大谷園芸勤務。
現在、所沢にて畑を耕し、東京都内を中心に活動中。

http://clap-clap-claps.fool.jp