今年もやってきましたP.G.C.D.ブランドの創立記念日、7月22日。毎年この日に、「きれいな街は、人の心もきれいにする」というコンセプトに共感し、特定非営利活動法人グリーンバード様とともに清掃活動を行っております。自他ともに認める晴れ男、弊社代表の野田の想いが強すぎたのか、昨年を上回るまさに盛夏という晴天となり、過去最高の総勢115名のグループで「きれいな街・きれいな心・きれいな肌」を願いながらゴミを拾う、素晴らしい1日を過ごしました。

green bird(グリーンバード)とは?
「きれいな街は、人の心もきれいにする」をコンセプトに誕生した原宿表参道発信の参加型ボランティアプロジェクト。現在は、全国各地で清掃活動を行っています。

greenbird公式ページへ

気温35度に迫る猛暑の中、お客様やパートナー企業様、グリーンバード様を含め本当に大勢の方々にお集まりいただき、清掃開始前から太陽に負けないような熱い気持ちを皆様から感じていました。いざ始まると、今年も元気いっぱいなのはやっぱりお子様たち。その勢いに大人も負けじと、参加者全員が歩道脇にまで目を向け、植え込みに分け入りながらゴミを拾い、表参道や代々木公園の歩道周辺をきれいにしました。

今年のオリジナルTシャツは、華やかなピンクと鮮やかなグリーンの2種類です。どちらも、4月よりスタートした弊社のAWAスタンプサービスがメインモチーフ。毎日ソープを泡立てるほど、より美しくなり、どんどんスタンプがたまっていくイメージを表現しています。表参道ルートのゴミを拾うチームはピンク、代々木公園ルートはグリーンのTシャツを着用して、各チームが一丸となって活動しました。

2つのルートからゴール地点で合流し、みんなで集めたゴミをまとめて分別。なんと、大きなゴミ袋でたっぷり50袋以上になりました。このぶん街がきれいになったと思うと、こまめな水分・塩分補給などで熱中症対策をとりつつ、たっぷりと汗を流したかいがあるというものです。そして最後に、ご参加いただいた方にP.G.C.D.からお土産をお渡しして、今年の清掃活動が無事終了いたしました。

お陰様で、お客様をはじめ皆様に支えられてブランド創立19周年を迎えることができ、今年もたいへん充実した創立記念イベントになりました。例年以上にお暑い中お集まりいただき、本当にありがとうございました。また来年、できればもう少し過ごしやすい天候に恵まれ、さらに多くの方々の笑顔とお会いできますよう、心より願っております。まだまだ暑い日が続きますので、どうぞご自愛くださいませ。