News & Topics

小泉進次郎環境大臣と弊社代表 野田が意見交換を実施 ESG活動に関する意見交換

2020.06.23

日頃より、P.G.C.D.をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

6月22日(月)に、P.G.C.D.代表取締役 野田泰平が、
所属する起業家機構EO TokyoのESG推進委員の一員として、
環境省「ESG活動」に関する意見交換会に参加し、
小泉進次郎環境大臣と意見を交わしましたので、ご報告させていただきます。



↑小泉進次郎環境大臣(左端)と弊社代表 野田(右端)

会議では、野田が環境問題に興味をもつきっかけとなった水俣病や琵琶湖の水質汚染問題や、
その環境問題のソリューションのひとつとして開発した
P.G.C.D.のクレンジングやリンス不要の石鹸を紹介。
環境問題へのソリューションとして「石鹸」の可能性について意見を述べました。
また、P.G.C.D.が現在行なっている石鹸の購入が水の寄付につながるプロジェクト
「水100トンチャレンジ」等を通じて、水と環境問題の解消へ、
引き続き取り組むことをお伝えしました。

小泉進次郎環境大臣からは、
「この石鹸はすごいですね、買おうと思います。
実は環境省の原点も水俣病なんです。野田さんからその言葉が出たことにすごく驚きました。
7月1日からレジ袋有料化も始まるこのタイミングで、石鹸で出来るソリューションや、
大きなイノベーションの可能性を聞いて、P.G.C.D.は環境省ととても相性がいいと感じました。」
という感想を頂きました。

■P.G.C.D.のESGとSDGsについての取り組み
https://www.pgcd.co.jp/esg/

社会的責任目標として「人も地球も美しく。」を掲げ、
ESGとSDGsに対する取り組みを推進するP.G.C.D.では、
地球環境と子どもたちの未来のためにできることとして、
6月30日(火)まで、下記の2つのプロジェクトを実施しています。

【1】「子どもたちに届ける水100トンチャレンジ」
https://www.jbig.com/action/soap2001/
対象の石鹸1個ご購入毎に、認定NPO法人ウォーターエイドジャパンを通じて、
インドの子どもたちへ水30ℓ分の支援を行います。
この活動では、最終的にはインドの衛⽣的な⽔を確保できない地域の
⼦どもたちのために、湧き⽔を利⽤した給⽔設備を設置します。

【2】「シェアして届ける水100トンチャレンジ」
https://www.jbig.com/action/share2002/
SNS(Instagram、Twitter)での「水の画像投稿」が寄付に繋がるキャンペーン。
集まった投稿数に応じて、安全な水が手に入れられない子ども達へ、
浄水剤の寄付を(公財)日本ユニセフ協会を通じて行います。

グループ会社一同「人も地球も美しく。」を社会的責任目標として掲げ、
サスティナブルな商品で美しい社会と美しい未来をデザインする
『JBIG』と、P.G.C.D.では、今後も地球や社会、未来を美しくする
ものづくりや活動を通じて社会に貢献して参ります。

株式会社ペー・ジェー・セー・デー・ジャパン

一覧に戻る